大人の英語学習

英語学習をルーティンにするのは、良いこと?悪いこと?

2019年6月4日

英語学習をルーティンにする。

英語を上達させるには、これが、一番の方法です。

 

ちなみに、ルーティン(routine)とは、

  • 日課
  • 決まって行う作業

のことで、

習慣行動と言ってもいいと思います。

 

ところが、この「ルーティン」に「ワーク」をプラスして、

「ルーティンワーク」という言葉になると途端に、

  • 手順が決まりきった仕事
  • 創意工夫のない、つまらない仕事

というように、良くない意味で使われてしまいます。

 

そうなると、

英語学習をルーティンにするのは、良いことなのか?悪いことなのか?

気になっちゃうと思いますので、

今日は、そんなお話です。

 

 

英語学習をまずルーティン化する

もともと、ルーティンという言葉に良いも悪いもありません。

特に、英語学習のような、勉強系は、

  • 日課にすればするだけ、
  • 毎日、触れれば触れるだけ、

良い効果が表れるのは、当然でしょう。

 

とにかく、毎日、英語学習をする。

これは、ぜひ!習慣化して欲しいことです。

 

英語学習をルーティンワークにしない

ただ、どんな英語学習でもいいか?

というと、そこは、少しだけ気を付けなくてはなりません。

 

英語学習をルーティン(習慣)にするのは良いですが、

英語学習の中身は、ルーティンワーク(作業)にしてはいけないんですね。

 

たとえば、

中学生が、英語の単語を100回も200回も書いて練習する。

これを、単なる作業として、やっているなら、

ほぼほぼ、意味はありません。

手が疲れるだけです。

 

大事なのは、学習する時の意識です。

基本、回数とか、学習時間の長さは関係ありません。

 

大体、

「●回やった!」

「●時間やった!」

回数や時間を、やたら自慢主張してくる人ほど、

その内容は、ルーティンワークになってることが多いです。

 

英語学習をルーティンにするのは、良いこと?悪いこと?

あ・・だるい・・・

 

ルーティンワークよりも短期集中

実際のところ、

  • 単語を覚えるとか
  • フレーズを覚えるとか

は、ルーティンにするよりも、

短期集中でやった方が、良い結果を得られます。

 

つまり。

毎日10個の英単語を毎日、1年間覚える。

よりも、

1か月で1000語の英単語を覚える。

の方が、効果は高いんです。

 

なぜか?

時間が経つと、覚えた単語も忘れちゃうからです。

ルーティンというのは、

悪意のある言い方をすれば、ダラダラやるっていう意味でもあるから。(笑)

 

また、どんな作業(行動)であっても、それがルーティンになるには、

2か月以上の時間が必要なのだと言われています。

 

そこで、

英語学習の中身は、

  • 短期集中でやるもの(2か月以内)
  • ルーティンで長期に付き合うもの

最初から、二つに分けておくと良いでしょう。

 

まとめ

上記のことを、まとめます。

  1. 英語学習をルーティンにするのは良い。
  2. でも、中身によっては、ルーティンにするより短期集中がおすすめのものもある。
  3. 短期集中で身に着けるもの、ルーティンにしてしまうものを最初から決めておくと良い。

ということですね。

 

ちなみに、

私がルーティンにしているのは、

  • 英語を読むこと
  • 英語を聞くこと

この二つです。

非常に、ちんたらとやってます。

-大人の英語学習
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.