中学生

中1英語の勉強の仕方。基礎の基礎って何?

2020年8月7日

中1の英語って、一生懸命、教科書に沿って学ぶと、

不思議なことに、英語の基礎の基礎を見逃してしまいます。

 

もちろん、英語の基礎の基礎を見逃したとしても、

一生懸命やっている分、学校の成績は良いはずです。

でも、本物の英語力という点では、時間を費やした割には結果が伴わないという、

通常の大人と同じ状況に陥ります。

 

正直、

以前は、私も、この落とし穴に、全く!気づきませんでした。

だから、学校の成績は悪くないのに、なんだか、英語力が伸びてこない・・・

そういう子たちを歯がゆく感じていました。

 

でも、ある日、気づいたんですよね。

私自身がぶれている・・・ということに。

そもそも、たかだか1週間に1回のレッスンで、すべてを教えられるわけがありません。

だからこそ、私は決めたんですよね。

赤色の勉強は、学校や塾や〇〇ゼミにおまかせする!と。

そうじゃなく、私の役目は青色の絵の具をたらすことです。

というわけで、早速、中1が学ぶべき、基礎の基礎のお話しです。

 

※赤色とか青色って、なんのことを言っているの?と思った方は、先にこちらをどうぞ。

赤?青?
学校英語が使えない理由
学校英語が使えない?受験英語はダメ?それは、もったいなさすぎ!

学校英語は使えない。 受験英語では、英会話できない。 というのが、日本人です。   そして、学校英語や受験英語が使えない理由は、実にもっともらしい。 発音が悪いとか、 ネイティブらしくない英 ...

続きを見る

青色勉強法
中学英語で乗り越えるべき壁
中学英語を無駄にしない!青色の勉強法とは?

否が応でも、中学校では英語を3年間習います。 ところが、中学英語は現実的に役立たないわけです。 でも、学校英語がすべて悪いわけではありません。 大事なのは、中学で学んだ3年分の努力を実らせる工夫をする ...

続きを見る

 

 

中1で学ぶべき基礎の基礎は3つ

では、早速、中1で学ぶべき基礎の基礎についてお話しします。

これは、たったの3つしかありません。

  1. 主語をつかまえる
  2. 単数・複数をチェックする
  3. 代名詞を使い倒す

正直、とてもシンプルです。

でも、英語の発想をするためには、とても大事な3つです。

というわけで、一つずつ、見ていくことにしましょう。

 

中1英語の基礎の基礎

3は誰にとっても特別な数字なのだ

 

主語をつかまえる

中1で学ぶ英文は、短いものばかりです。

そのため、主語をつかまえることは、とても簡単です。

実際、中2や中3になってくれば、英文も長くなりますから、

主語を見つけることすら難しくなってきます。

その時に、慌てて、主語を確認しようと思っても、

もう、頭の中がぐっちゃぐちゃになっていますから、整理するのが大変です。

 

だからこそ、中1のうちから、

どんなに短い、どんなに簡単な英文であっても、主語をつかまえること。

ここを最優先課題にします。

もしかしたら、中1英語レベルなら丸暗記させた方が早い。

そう思う先生もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、それだと、先が続かないんです。

大事なのは、早い段階から、主語をつかまえる習慣をつけさせることです。

それによって、

  • 主語によって動詞が決まってくる!という実感を持たせる
  • 主語を意識することで、英語の構造を理解しやすくする

ことができ、英語的な発想力が磨きやすくなります。

 

単数・複数をチェックする

主語がつかまえられたら、次に行うのが、

単数か?複数か?のチェックです。

 

I am a boy.

You are students.

のように、英語は、単数=単数、複数=複数のように、

ちゃんと、数を合わせる言語です。

 

この発想は、日本語にはあまりありません。

だからこそ、英語を使う上で、

単数なのか?複数なのか?を意識させることは、とても重要です。

単数・複数をきっかけにして、aの付け方、theとの違いなどへと進みやすくなります。

 

その1
可算・不可算の概念
aとthe、単数と複数、可算と不可算は一緒に理解しよう!その1

日本人は、どういうわけか? aとthe 単数と複数 可算と不可算 この3つの概念を、割と簡単に切り捨てています。   実際、ほとんどの日本人が、そんな概念、どうでもええやん。 と思っている気 ...

続きを見る

その2
可算名詞に何もつけないと?
aとthe、単数と複数、可算と不可算は一緒に理解しよう!その2

英語の土台の1つである可算、不可算についてなんとなくでも理解できたら、 いよいよ単数と複数、aとtheに進みます。 単数と複数 aとthe これらは、概念的には切ってもきれないものなのに、何故か? 私 ...

続きを見る

 

代名詞を使い倒す

最後のポイントが、代名詞です。

英語は、原則として、同じ言葉は2回目以降の文には使わず、すべて、代名詞にしていきます。

ここは、何度も何度も、繰り返し教えるべき所です。

 

実際、代名詞の表を暗記させただけでは、まったく意味をなしません。

また、代名詞を教える際には、

  • 誰(何)が主役か?
  • 誰(何)のものなのか?
  • 誰(何)に対して?

英文では、これらを明確にしなければいけないことも、同時に教えます。

※ここも日本語にはない感覚なので、重要です。

 

プリントあり
大事な代名詞のルール
意外に大事な代名詞のルールをゲームで教えるには?

中学生にとって、代名詞の表は必ず覚えさせられるものです。 前回も書きましたが、この表を単に覚えるだけでは、 学校のテスト的にもイマイチだし、 英語を使う上でも問題です。   目次1 大事な代 ...

続きを見る

 

まとめ

大人になっても使える英語を、中学英語から身に着けてもらうためには、

中1英語の基礎の基礎は、とても重要です。

でも、最初ですから、たったの3つだけに的を絞っています。

 

な~んだ。簡単だ・・・と思われましたか?

でも、現実には、そういうものほど、奥が深いんです。

 

しかも、この3つ。

使える英語につながるだけでなく、

実を言うと、学校英語にも役立つんです。

(ケアレスミスがなくなるとか、英作がラクになるとか)

なぜなら?

私自身、赤色の勉強をさんざん経験してきた日本人で、

青色の勉強のおかげで、迷路を抜けた一人だからです。

-中学生
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.