中学生

英語の教科書を丸暗記する際の注意点

2019年2月15日

以前も話したのですが、

英語の期末テストが80点台で、うろついている中学生には、

英語の教科書の丸暗記をお勧めします。

 

この方法は、どの先生も実証済みのようで、

確実にテストの点数が上がる!方法です。

 

にも関わらず、多くの中学生がやろうとしないのは、

絶対、無理!

と思っているからです。

 

そりゃそうでしょう。

テスト範囲は、通常、3ユニットぐらいありますから、

これを全部、覚えるなんて!

ハードル高すぎ!!!!!って思いますよね。

 

でも、だからこそ、やるべきなんですよね。

ただし!

この勉強法を行うにあたっては、

気を付けるべき点がありますので、

暗記を始める前に、確認しておきましょう。

 

 

丸暗記とは、全コピーのこと

まず、この「丸暗記」という言葉ですが、

少なくとも私は、

「教科書をまるごと全部、暗記する」という意味で使っています。

 

「いや、わかってますよ!」と言うことなかれ。

実を言うと、

中学生に丸暗記を勧めてみたところ、

大きな勘違いがある!ことが、わかったのです。

 

どういう勘違いか?というと、

「丸暗記」=ひたすら「詰め込めばいい」

と思ってしまうようなんです。

 

でも、実際にはそうじゃないんですね。

 

英語の教科書を丸暗記

 

丸暗記には理解が必要

言うまでもないことなんですが、

教科書の丸暗記は、

英語の構造が理解できているからこそできることなんです。

 

だから、

どんな子であっても、

何度も本文を読む

何度も本文を書く

ようなことを行えば、

誰でも丸暗記はできるんだ!

という意見には、私は不賛成です。

 

英語の構造理解ができていないのに、

繰り返すだけで、教科書すべて覚えようなんて、

それこそ、

めちゃくちゃ効率の悪い勉強法です。

 

理解する癖をつけさせる

ご存知のように、

中学英語というのは、それほど複雑ではありません。

だからこそ、学校の期末で80点台を取っているような子でも、

英語=暗記科目として勉強している子も多いんです。

 

実際、

学校で習う文法は、よく理解している子でも、

本文暗記は苦手だったりします。

 

80点台を取ってるんだから、大丈夫だろうと、

試しに、本文暗記をやらせてみると、

(私は、本文を見ないでリピートさせています)

「いやいや、ヤバイでしょ、それ」

みたいな英文が出てきちゃうこともあります。

 

なので、最近は、

英語をどこまで理解できているのか?

その確認のために、本文の丸暗記を使ってチェックしている感じです。

 

英文そのものの理解が不十分ならば、

暗記の前にやるべきことがありますからね。

 

まとめ

教科書の丸暗記は、確かに非常に効果がある勉強方法です。

でも、そこに理解が伴わない限り、

必死で覚えたところで、

労力の割には効果は薄いと思います。

 

英語ができる先生たちは、

すでに英語を理解できているので、

「丸暗記なんて簡単だ!」

と言うのですが、

中学生の理解力は大人と同じではないので、

そこを見極めながら、

丸暗記は進めていくのが良いですね。

-中学生
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.