中学生

英語を話せるようになりたい中学生がやるべき、たった一つのことは?

2018年6月23日

英語を話せるようになりたい中学生がやるべきことは、なんでしょうか?

聞くだけ!という、あの有名な教材に頼ることでしょうか?

それとも、その他の英会話教材を勉強することでしょうか?

 

いいえ。違います。

まずは、こちらをご覧になってください。

東洋経済のオンラインに、こんな記事があります。

日本で英語が話せるようになる「3つの条件」ネイティブと話すだけでは無理

 

この記事に書かれている「条件」とは、

1、英語が話せる日本人に教えてもらう

2、中学校の教科書をマスターする

3、会話の場を作る

この3つなのですが、

実は、中学生にとって、一番の弱点になるのが、

2番目の中学校の教科書をマスターするという部分です。

 

「まさか?そんな、ばかな。」

「ちゃんと、中学校で教科書は習っている」

「何より、うちの子は成績だっていいのよ!」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

が、

学校の成績が良いということと「中学校の教科書をマスターする」

この二つは、イコールではないのです。

むしろ、「中学校の教科書をマスターする」というのは、

私たちが思っているよりもはるかに、難しいものです。

 

 

 

なぜ?中学英語のマスターは難しいのか?

一番大きいのは、私たちの意識の問題です。

おそらく、多くの中学生が(多分、大人も)

学校英語とは、

  • あくまでもテスト教科であり、
  • 英語を話すこととは別のもの。

そう、思い込んでいます。

 

ですから、

中学生にとって、

「英語の教科書をマスターする」ということは、

  • He likes cake.を疑問文にできたり、否定文にできること。
  • 現在完了とは、have+過去分詞だと覚えること。
  • goの意味は、「行く」と覚えること。etc.

こんな認識だと思います。

 

そのため、いつまでたっても、

  • 英語は、暗記科目でしかなく、

いつまでたっても、

  • 英語を話せるようにはならないし、

いつまでたっても、

  • 中学英語はマスターできないままです。

 

話せるように、中学英語をマスターする

では、一体、どうすれば、中学英語をマスターすることができるのでしょうか?

 

何より意識すべきは、英語は並べていく言語であるという点です。

これは、日本語にはない感覚なので、特に意識をしないといけません。

 

そして、英語の並べ方は、基本5つしかありません。

ですから、まずは、その並び方を覚えることから始めます。

その並び方のことを「5文型」と呼びますが、

今回、5文型の説明はやめておきます。

 

中学校の教科書をどう活用する?

確かに、5文型のような文法用語は、理解してしまえば、これほど便利なものはありません。

が、現実には、難しげな用語が並べば並ぶほど、中学生には、ストレスになります。

そこで、今回は、もっと簡単に5つの基本文を押さえることにします。

 

用意するのは、中学校の教科書です。

では、早速、始めましょう。

やるべきことは、一つだけ。

ユニットごとに大きく取り上げられている基本のターゲット文を、声を出して読み、暗記してください。

 

特に中学生は、学校でもターゲット文を学んでいますから、

覚えるのは、比較的、簡単だと思います。

 

では、なぜ?ターゲット文の暗記を行うのか?

一つは、普通に文法を覚えるため。(進行形とか、受身とかですね)

そして、もう一つは、英語の並べ方を学ぶためです。

 

ほとんどの中学生が、文法チェックしかしない。

それが、ターゲット文です。

そこに、英語の並べ方を学ぶという意識を付け加える。

それだけで、英語への理解はグ~ンと深くなります。

つまり、ターゲット文は1つで2度美味しくなるのです。

 

そして!

英語の並べ方を意識しだすと、どうしてもやらねばならない!ことが見えてきます。

 

 

単語の強化も一緒に!

それが、単語の強化です。

単語の強化=単語の覚え方と言ってもいいかもしれません。

※暗記する方法ではありません。

 

実際、単語暗記は、

  • 意味を覚えるもの。
  • スペルを覚えるもの。

そう思っている中学生は多いです。

 

が、その単語は英文の中でどこに並ぶのか?

どう並べるべきなのか?

そこまで一緒に学ばなければ、

単語を自由自在に使うことはできませんし、英語も話せるようにはなりません。

 

これを解決するために、

  • 品詞を覚えること

を求める先生もいらっしゃいます。

 

ただ、それだと、あまりに文法的すぎて、

中学生には、向かない気がします。

 

それよりも、むしろ、

ターゲット文を元にした英文を、たくさん作る!

練習をした方が現実的です。

 

たとえば、

I gave him a present.

というターゲット文ならば、

I gave my mother a present.

I bought her a present.

I handed her a map.

のように、

どんどん、作っていくのです。

 

これをやるためには、

本来は、ちゃんと辞書を引くのがおススメなのですが、

中学生にそこまで求めるのは酷かもしれません。

そういう場合は、下記のような本を利用しても良いでしょう。

英語をはなせるようになりたい中学生がやるべきこと

SVOOの形で、いろんなことが言えるんだな。ということがわかります。

 

Aゴトウ
上記の本は、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングです(中学生向け)
Aゴトウ
瞬間英作文については、こちらの記事も参考にしてください。

こうしたトレーニングを積んでいくと、

単語の並べ方次第で、英文は意味が決まる!!

ということが、感覚的にわかるようになってきて、

ずいぶん、ラクに話せるようになると思います。

 

英語を話せるようになりたい中学生

 

まとめ

中学の成績は良いのに、英語が話せない。

この一番の理由は、

英語の並び方を学んでいない

ところにあります。

 

もちろん、人によって、細かな文法の知識や単語力の差はあると思います。

 

でも、英語は、基本的に、非常にシンプルな言語です。

その基本となる並べ方は、たった5つだけです。

この英語の根幹である5つの並べ方さえ、しっかり体にたたき込んだら、

英語は話せます。

英語は使えます。

※ただし、努力は必要ですよ。

-中学生
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.