英単語

2つの英単語の暗記方法を試して比較。注意点も。

2018年6月26日

英単語の暗記方法は、いろんなサイトにいろんな方法が書いてあります。

私自身も、2つの方法を試してみましたが、

基本的には、

  • 短期間で量をこなすこと
  • 短期間で繰り返すこと

この2点を押さえておけば、多少、やり方が異なっても良い。

ということが、わかりました。

 

ですが、今日は、

  1. 私自身が実際に試してみた方法
  2. やってみてどうだったか?
  3. 気を付けた方が良いこと

この3つについて、お話ししようと思います。

 

 

実際に試してみた英単語の暗記方法1

このサイトにもちょくちょく紹介していますが、

最初に試してみたのが、下記の方法です。

1、1日200語暗記する(英語→日本語で即答する)

2、次の日は、次の200語を暗記する。

3、それを5日間、続ける。(1000語になります)

4、1~3までを1セットとし、それを6回繰り返す。

5、つまり、30日間で1000語暗記できます。

 

この方法のつらいところは、言うまでもなく、1セット目の5日間です。

とにかく、200語を暗記しなければなりませんから、結構、ストイックさが要求されます。

すごくつらいのですが、最初がつらすぎるので、あとは、どんどん楽になっていきます。

やり遂げた時の達成感もあるのですが、むしろ、

つらさに負けず、よく頑張った!自分!

という気持ちの方が強かったですね。

そのため、「なんでも、やればできるんだな。」

という自信みたいなものは、つくと思います。

 

実際に試してみた英単語の暗記方法2

その後に試してみたのが、下記の方法です。

1、毎日100語を読んで、意味を確認する。

2、次の日は、前日の100語に、さらに100語足していく。

3、これを、10日間続ける。(1000語になります。)

4、1000語を毎日、読んで意味を確認する。

5、覚えたぞ~と言うところで、終わり。

 

この方法の良い点は、暗記するというストレスがないところです。

ただし、8日目、9日目、10日目になってくると、読むだけでも、結構な量になってくるので、読んでいる間に集中力が切れてきます。

それでも、毎日、繰り返しているため、暗記する気はなくても、知らない間に覚えています。

英単語を暗記しなきゃ!

そう思っている人にとっては、これは、目からうろこの出来事になるはず。

なんだか、わくわく、嬉しくなってくるはずです。

気を付けた方が良いこと

上記の二つの方法は、どちらも、単語を暗記するという点では問題ありませんでした。

結果的に、どちらの方法も、1ヶ月程度で1000語を覚えることができました。

ただし、気をつけたほうが良いこともありますので、書いておきます。

 

単語の使い方をチェック

どちらも、英語→日本語を基本として覚えます。

ですが、単語は自在に使えないと意味がありません。

そのため、日本語→英語のチェックはもちろん、

例文のチェックも欠かさずに行っておきましょう。

 

単語量は減らしてもOK

単語暗記に慣れていない場合は、単語の量は減らしてもOKです。

ただし、1日に覚える(読む)単語を5語とか10語に減らしてはいけません。

 

1日に覚える(読む)単語は、最低でも50語~100語はがんばりましょう。

そのかわり、2日目からは、新しい単語を付け足さないようにします。

つまり、同じ単語を2日目以降も繰り返して覚える(読む)わけです。

 

声に出す・よく見る

英単語をどのように覚えていくか?は、人それぞれかもしれません。

ですが、記憶には、音と映像が深く関わっています。

そのため、必ず声に出して読む・よく見る

この2つは怠らないようにしましょう。

 

記憶に音と映像がどれほど深く関わっているか?

実感したい方は、下記の6つをやってみて下さい。

 

●日本の市町村名を覚える

●流行っている歌の歌詞の1行目を覚える

●下記の写真を覚える

英単語の暗記方法

●子供時代に長く過ごした家のことを覚える

●「正義」の定義を覚える

●「すいか」の定義を覚える

 

どうでしょう?

おそらく、覚えようとする時に

音が聞こえてきたり、

映像が見えてきたりしたはずです。

 

英単語の暗記もこれらと同じです。

「声に出す」とか「よく見る」というのは、「音」と「映像」なのです。

 

それを、さらに進化させたのが、

あの、有名なキクタンです。

ただし、合う合わないはあると思います。

音楽をかけながらテスト勉強をした方がはかどる!

そういう人向けですね。

Aゴトウ
キクタンは、いろいろ種類がありますので、自分のレベルや目的に合ったものを選びましょう

 

まとめ

少し、話がそれましたので、元にもどします。

とにかく、英単語の暗記方法は、

  • 短期間で量をこなすこと
  • 短期間で繰り返すこと

この二つが大原則になります。

 

その上で、

  • 単語の使い方のチェック
  • 単語量の増減
  • 声に出す、よく見る

この3つを気を付けるようにしましょう。

たかが英単語の暗記ですが、やってみると、少し変われますよ。

ぜひ、お試しを。

-英単語
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.