中学生

中学生の英語が伸びない理由

2019年3月8日

たとえ、学校の期末テストで80点以上、取れていても、

「このままだと、英語、伸びていかないだろうな~」

という中学生は、結構います。

 

少なくとも、期末で80点以上は取れるわけですから、

単語も書けるし、

文法も暗記できているし、

テスト勉強もちゃんとやるタイプです。

 

でも、逆に言えば、

それだからこそ、

90点の壁が打ち破れないんですね。

 

英語が伸び悩む子の特徴

英語が伸び悩む子は、

1、優等生である

2、言われたことはきちんとこなす

3、授業をまじめに受ける

ここまでは、申し分ないのですが、

そこから先が「ない!!」のです。

 

一方、これから先も、伸びるのは間違いないし、

むしろ、これ以上、先生すら必要ない。(独学でOK)

そう思える子は、

1、2、3の先に、必ず「なぜ?」があります。

 

「なぜ?」が必要な理由

学校の期末テストと言うのは、

それこそ、教科書やプリント、ワーク問題などを、

暗記しておけば、それなりの点数は取れます。

でも、だからと言って、英語を暗記科目だと思い込み

そのように接している限り

レベルアップは望めません。

 

何故なら、

実力テストや高校入試はもちろん、

高校、大学、社会人になった時に、

求められるのは、暗記力ではなく応用力の方だからです。

 

中学生が英語に伸び悩む理由

立ちはだかる壁!

 

応用力の鍛え方

英語を暗記科目だと思い込んでいる限り、

「なぜ?」という問いが、その子から出てくることはありません。

 

なぜなら、

問題を間違えても

暗記していなかったせいだ

だから、暗記すれば、私は大丈夫!

という、

非常に安直な思考に陥ってしまうからです。

 

そこで、上記の流れを断ち切るために、

問題を間違えたら

なぜ?その答えを選んだのか?

その理由を尋ねるようにします。

 

実は、この「なぜ?」という問いかけは、

メタ思考力を鍛えるのに有効な方法であり、

英語の根本=本質が見えてくる最良の方法です。

 

事実、

なぜ?と問いかけ続けていると、

「安直に、正解さえ出せば良いのだ。」

という子供の意識は少しずつ変化していきます。

 

まとめ

英語は暗記科目だ。

そう思っている中学生は多いと思います。

 

確かに、単語暗記は必要だし、

文法だって覚えなきゃいけないので、

暗記科目だ!と思い込む気持ちはわかります。

 

でも、英語学習は、やっぱり、

暗記だけでは、成り立たっていかないんです。

そこには、論理的な思考力が絶対に必要です。

そこに気づいてもらうためには、

やっぱり、

「なぜ?」という問いかけが、

一番、手っ取り早いんです。

 

実は、先日、

独学をススメて、うちの塾を卒業させた、ある中学生が、

こんなことを言いました。

「みんな、5文型をただ暗記すればいいと思っている」

と。

 

あぁ、この子は、本当にわかってるな~。

と、つくづく実感しました。

もし、ここまでのレベルにしたければ、

「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」

と、しつこく問いかけましょう。

(できる子は、自問自答でOK)

-中学生
-, ,

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.