英語とコミュニケーション

英語のコミュニケーション能力を向上させるには?

2019年5月1日

英語はコミュニケーションの道具である。

これは、日本人の誰もが理解していることですが、

一向に、日本人は、

英語のコミュニケーション能力を向上させられないままです。

 

その一番の理由は、

なんといっても、

日本語と英語の土台が違いすぎる所でしょう。

 

にも関わらず、私たち日本人は、

表面的な英語力ばかりにフォーカスしており、

肝心の土台の方はほったらかしのままです。

 

このズレに気づかない限り、

私たちは、

気の遠くなるような長い時間と、

多くのつらい経験を積まなければならないでしょう。

 

 

とにかく話す練習をしろ!?

日本人が英会話を身に着けるために、よく言われるのが、

「とにかく、話す練習をしろ!」

ということです。

 

でも、私たち日本人が話す練習をするネイティブって、

  • とっても優しい、
  • しかも、日本人をよ~く理解してくれている

人が多いはず。

 

Aゴトウ
英会話学校でも、オンラインでも、そういう先生が人気です。

 

でも、これだと、なかなか、英語のコミュニケーション力は上がりません。

私も、昔、英会話クラブに入っていたことがありますが、

楽しかっただけで、大した結果にはつながりませんでした。

 

Aゴトウ
単に、私がアホだったという可能性は否定しませんが。

 

結局、挨拶とか、どこへ行った?とか、

そんな話に終始してしまって、難しい議論もしません(できません)でしたし。

 

要するに、

昔、鎖国していた時と、あまり状況は変わっていないのかな?と。

 

英語のコミュニケーション能力を向上させる方法

 

怖いのは、英語よりも文化

さらに。昔から、日本は外交下手だと言われてきました。

その理由を、

多くの人は、日本人は英語が下手だからだ!

そう決め付けてきましたよね?

 

でも。

実はそうではないんですね。

日本の外交を担うあの方たちは、実際のところ、英語はぺらぺらです。

それでも、外交がうまくいかないのは、何故か?

 

英語圏の人たちは、

ことばをキャッチボールしていきます。

どちらかが、話すばっかりで、どちらかが聞き役なんてことはあり得ません。

Aさんが、意見を述べたら、

それに対し、Bさんも意見を述べ、

そのやり取りの中で、お互いに、良いと思われる道筋を探っていきます。

 

一方、日本人の場合は、

意見を述べている人と同じ場所に立ってしまうんですね。

 

日本人にとって、KYと言われる人たちは、

空気が読めず、

相手の立場に立つこともできない人たちです。

 

でも、外交を担っている人たちは、

日本人的に、非常に優秀なので、

空気を読んで、相手の立場に立てちゃうんです。

 

え?

相手の立場に立つって、いけないことなの?

そう、思ったあなた。

それは、日本人バリバリの考え方です。

 

もちろん、英語圏の人たちだって、

相手の立場を理解したり、慮ったりはするんです。

でも、それは、客観的に見るだけのことで、

自分が相手の立場に立って同化することはありません。

 

一方、日本人の場合は、相手の立場にまで、

自分が飛んで行った上で、同化してしまうんですね。

 

これは、もう、どちらが悪いとかではなくて、

文化の違いと言うしかありません。

 

英語力アップの後は?

とは言え、英語の単語も文もまるでわからない!

というレベルでは、お話になりませんから、

中学英語完璧ぐらいのレベルまでは、

通常の英語学習を一生懸命、行いましょう。

 

が、関係代名詞を使った英文も書けちゃうし~。

ぐらいのところまで、来たら、

ぜひ、上記のような土台の違いにフォーカスしつつ、

英語の学習に取り組んでみましょう。

 

やり方は二つあります。

 

数と根性を使う方法

1つ目は、

  • 日本語と英語の土台の違いを勉強すること
  • とにかく、英語に接する量を増やしまくって、感覚を磨くこと

この二つを、ひたすら続ける方法です。

 

Aゴトウ
厳しいのが好き!という、どMの人には、おすすめです。

 

特別なカリキュラムを使う方法

2つ目は、今まで、ありそうで、なかった英語学習の特別カリキュラムを使う方法です。

 

 

詳細は上記の画像をクリックして、直接、確認して頂くのが一番ですが、

ざっくり、カリキュラムの内容を書いておきます。

ネイティブの価値観、考え方をすべて「英語で」学ぶビデオ講座6クラス。
・講座内容の理解を確かめる小テスト60問。
英語で自分の意見をまとめるライティング課題(各セクションごとに提出)
ネイティブ講師による18回(6クラスx 3回)のライティング添削、フィードバック
・英語のビデオ講座の全書き起こし、日本語翻訳。
・180日間の無料サポート

 

ちなみに、上記の黄色いマーカーの線は、

私が勝手に引いたものですが、

この部分こそが、英語のコミュニケーション力アップにとても効果的です。

 

え?マーカーで引いてある部分には、どこにもスピーキング練習がないけど?

そう疑問に思われた方。

確かに、英語で話す練習をすることは、大切なことです。

でも。

どんなに英語で話したくても、

話す中身がないことには、コミュニケーションを続けることはできません。

ですから、会話のカリキュラムに、

自分の意見をまとめるライティング練習があるのは、むしろ当然なことなのです。

 

まとめ

英語を学んできて、

これだけは、絶対に言えることがあります。

 

中学英語を完璧に理解して、

自在に5文型を使えるようになるまでは、

通常の英語学習をちゃんと、やらないといけません。

 

でも、そこまで来たら、

通常の英語学習では、全然、ダなんです。

もちろん、

TOEICや英検合格だけが目的なら、それでも、かまいません。

 

でも、英語でコミュニケーションを取りたいんだ!

と本気で思うなら、

遠回りに見えるものを学ぶ!ということを、ぜひ、学びましょう!(笑)

-英語とコミュニケーション
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.