中学生

英作問題の解き方は?

中学生の英語力を確認するためのテストには、

  • 基本の文法問題
  • 並べ替え問題
  • 長文読解

などがありますが、

中でも、一番、難しいと中学生に思われているのが、

英作問題だと思います。

 

 

最初から、頂点を目指そう!

英作問題というのは、

日本語を英語に直す問題なので、

  • 単語
  • 基本の文法

これが、完璧じゃないと、全然、作れません。

 

だから。

成績がいまいちの子には、英作問題なんて、やらせられない。

そんな風に、思っている人も多いかもしれません。

実は、かくいう私も、そう思ってた一人です。

 

そもそも、肯定文を正しく疑問文にしたり、正しく否定文にしたり、

そんな基本の「き」が完璧じゃないのに、

日本語から英文を作るなんて、絶対!無理だ!と。

 

確かに、英作問題の正答率だけを見れば、

その考え方は一理あるように思えます。

 

が!私、気付いちゃったんです。

  • 成績の良い子が間違えた英作問題
  • 成績がいまいちの子が間違えた英作問題

両方を確認してみると、

「大して差がないこと」に!

 

英語のコアは暗記ではない

では、一体、何が?同じだったのか?

というと、

見事に、単語の並べ方がグチャグチャになる点です。

 

これは、

つまり?

英語のコアが、わかっていない証拠・・・です。

 

確かに、中1レベルの問題は、英文も短いです。

だから、丸暗記した方が、手っ取り早いのはわかります。

でも、

それでは、自分で自分の首を絞めているようなものです。

 

英語のコアは、暗記ではありません。

何より、大事なのは、

英文の構造=単語の並べ方を知ることです。

 

英作問題の解き方

そこに気づいてみれば、

英作問題ほど、どのレベルの子にも役に立つ学習はない!んじゃないか?

って、思うようになりました。

 

というわけで、

実際に英作問題をどう解いていくのか?お話しましょう。

 

まずは、心構えから!

 

step
1
慣れるまでは、いきなり英作しない

暗記している!って思い込んでいるせいでしょうか?

いきなり英作して、間違える・・・というパターンが非常に多いです。

人間の記憶なんて、いい加減なものだ!と知っておきましょう。

だって、勝手に書き換えてるんだから。(笑)

 

step
2
ヒントはいつも、そこにある

正しい答えを導き出すヒントは、いつも、そこにあります!

どこにあるのか?

問題の中にあるんです。

だから、問題をじっくり、ちゃんと見ましょう!

ここも、一言。

人間は思い込む動物。錯覚する動物です。

ちゃんとそこにあるヒントを見逃さないようにしましょう。

 

step
3
英語の基本は肯定文だ!

英作問題では、肯定文ばかりが出てくるとは限りません。

疑問文や否定文も出てきます。

その時、頭の中で組み立てると、ミスする確率が高くなります。

だからこそ、面倒がらず、最初に、肯定文をきちんと作る癖をつけましょう。

疑問文や否定文にするのは、それからです。

 

step
4
学んだ文法を、今こそ!使いきれ!

ステップ3まで、階段を上るように一歩ずつ進んだら、

最後の仕上げです。

今まで習った英文法を総動員して、英文を整えていきましょう。

 

具体的にやってみよう!

心構えだけでは、できるようにならないので、

実際に、英作問題を解いていきましょう。

 

英作するのは、

彼女は、時々、彼らのためにピアノを弾きます。

という日本語です。

 

まずは、ヒントを最大限に生かすため、

日本語を英単語に変えていきましょう。

この時、大事なのは、日本語:英語を1:1で対応させないことです。

英単語はまとまり(熟語感覚)で書いていきます。

 

英作問題の解き方1

次に、確認するのは、

問題文(日本語)の主語と動詞は何か?です。

主語と動詞を確認するのは、

英語の構造は、主語+動詞・・・がすべての基本になるからです。(肯定文の場合)

英作問題の解き方2

主語と動詞を並べるだけで、英文の骨組みは、ほぼ完成です。

そこまでできたら、

後は、今まで習った英文法をすべて使い切りましょう。

英作問題の解き方3

はい。

できましたか?

答えは、She sometimes plays the piano for them.

となります。

 

もし、間違えちゃっても大丈夫。

というか、

ある意味、間違えた方がいいんです。

だって、

「どこが?自分は不得意なのか?」

めちゃくちゃ、はっきりするから。

  • 三単現なのか?
  • 頻度を表す単語の配置なのか?
  • 彼らのためにという単語がわからなかったのか?
  • ピアノにtheをつけ忘れたのか?

忘れていたり、あやふやだった部分は、

もう一度、復習すればいいだけのこと。

っていうか、それこそが、学習するってことです。

 

まとめ

英作問題を解く時、

ほとんどの中学生が、

いきなり、英文を書き始めるんですよ。

(思考を整理するためのメモも取らない)

 

もちろん、それが正解ばっかりなら、問題はありません。

でも。

現実には、めちゃくちゃ間違っているわけです。

 

なのに、

何故?同じやり方で英作し続けるのか?

不思議ですらあったんですが、

  • 要するに、何を優先すべきなのか?
  • どう?ステップを踏めばいいのか?

そこが、わかっていなかっただけなんですよ。

 

もちろん、だからって、

この方法が一朝一夕にすべてを解決するとは思いません。

ただ。

希望の光は見えたかな?

そんな気はしています。

-中学生
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.