中学生

中2につながる中1英語の文法チェックまとめ

今年度から中学生の教科書が変わりましたが、

これにより、英語学習の二極化が進んでしまうかもしれません。

 

一応、新しい指導要綱では、

「文法はコミュニケーションを支えるもの」という位置づけのようですが、

受験英語だけを目標としてきた学校英語が、どこまで変わるのか?

正直、不透明すぎて、心配です。

実際、過渡期にある中2には、かなりきつくなるかもしれません。

 

が。基本、英語はとてもシンプルな言葉。

だから。

コアをしっかり身に着けておくことが、何より大事です。

そこで。

今日は、中2につなげるための中1英語の文法チェックをまとめておきました。

 

 

細かな暗記は不要!視点を変えよう!

今まで、1年間。

中1英語で、いろんな文法を学んできましたね?

それを、テストのために、一生懸命、暗記してきた人も多いでしょう。

でも。

それだけでは、中2英語へステップアップするのは難しくなります。

 

そこで、ぜひ、やってもらいたいのが、

今まで、頑張ってきた中1英語を、違う視点で見る!ことです。

 

中1英語文法まとめ

英語が難しいって、目くらましにあってない?

 

中1英語の文法チェック

では、どんな視点で見れば良いのか?

早速、チェックしていきましょう。

 

メインの動詞と主語をチェックする

何度も言うように、

中1で出てくる英文は、とても短いので、

メインの動詞も主語も、一目でわかります。

でも、それでも、

  • メインの動詞は何か?
  • その主語は何か?

この二つを必ずチェックする癖をつけておきましょう。

 

動詞はbe動詞か?一般動詞か?

メインの動詞が見つかったら、

  • be動詞か?
  • 一般動詞か?

ここも、きちんと区別する癖をつけましょう。

 

なぜ?区別するの?

区別するのは、be動詞か?一般動詞か?によって、疑問文、否定文の作り方が違うからです。

 

三単現をチェックする

三単現の意味は、わかっていると思います。

  • 三・・・主語が三人称
  • 単・・・単数
  • 現・・・現在形

ですね?

 

でも、最初に、主語と動詞をチェックするわけですから、

これからは、

  • 主語が三単か?どうか?チェックする
  • 動詞の時制をチェックする

という癖をつけましょう。

 

注意

中1英語の三単現について

中1英語は、三単現の時には、sがつく。疑問文や否定文にdoesを使う。と学びました。

でも。中2以降は、現在形、過去形だけでなく、いろんな時制が出てきます。

そこで、三単現だけに限らないで、動詞の時制もチェックするのだ!という意識に変えていきましょう。

 

助動詞(それっぽいものも)がある時

中1英語で習った助動詞は、canだけだったと思います。

が、こちらも、

中2以降、いろんな助動詞とそれっぽいものが出てきます。

そこで、

助動詞(それっぽいものも)が英文にある時には、動詞は、常に原形を使う。

これは、しっかりと、覚えてしまいましょう。

 

問題を解くコツ

中2英語につながる中1英語の文法で大事なのは、

上記の4つになります。

 

ただし、上手に問題を解くコツとして、

もう1つアドバイスしておきます。

英語は肯定文が基本となって、疑問文、否定文が生まれます。

だから。

迷ったら、必ず、肯定文から始める癖をつけてください。

  • いきなり、疑問文や否定文を作らない。
  • いきなり、wh疑問文を作らない。
  • 必ず、肯定文(wh疑問文の場合は、その答え)から作ってみる。

これを、忘れないようにしましょう。

 

まとめ

今回、中2につながる中1英語の文法チェックまとめとして、

大事なこと4つ、お話しました。

 

え?たった、それだけ?

と思うかもしれませんが、

現実には、その「それだけ」ができない中学生がほとんどです。

そこさえ、完璧に癖がついたら、

英語は、おもしろいように、わかります。

-中学生
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.