英語島で一休み

絵を描くことと英語学習は似ている?

2020年12月10日

「絵を描くことと語学学習は似ている」

そんな感じのことを、B.エドワーズは著書「内なる画家の眼」の中で述べています。

 

「絵画と言語の学習が似ているなんて、突拍子もない!」

もしかしたら、そう感じるかもしれませんが、

実は、私自身も、その意見には賛成です。

 

 

見ているようで見ていない

子供たちを見ていて思うのは、

単語にしろ、英文にしろ、見ているようで見ていない・・・ということです。

 

これは、絵を描く対象物は目の前にあるのに、

見ているようで見ていない・・・のに似ています。

 

見るスキルを育てる

だから、英語学習において、

いろんなドリル練習を行うことも大事でしょうが、

それと同時に、見るスキルも育てるべきだと思います。

 

見るというのは、どういうことか?

では、

見るというのは、どういうことなのでしょうか?

 

それは、全体の中で、それぞれの関係性を知る・・・ということに他なりません。

 

実際、自分には絵心がない!と信じている人の多くが、

絵を描く時、描きたい対象物を必死に描こうとして失敗しています。

 

でも、対象物そのものではなく、対象物の外の「スペース」に目を向けただけで、

絵は飛躍的に良くなります。

これは、魔法でもなんでもありません。

スペースを見ることで、先入観が消え、見たままに描けた結果です。

 

事実、先入観とは恐ろしいものです。

「これは、眼鏡だ」

そう思った時点で、

私たちは「今、目の前にある物」ではなく、

「脳にインプットされている眼鏡のイメージ(先入観)」に支配されてしまいます。

 

めがねのイメージ

眼鏡と言ったら、このイメージ

 

英語学習においてのパターン練習

同じことが、英語学習においても言えます。

英語学習では、単元ごとに学ぶ文法が決まっており、

  • 今日は、現在進行形を学ぶ。
  • 今日は、三単現を学ぶ。

という具合に決まっています。

 

そのため、

多くの中学生が、その時のドリル練習(つまり、パターン練習)は、

簡単にやってのけます。

そして、それを暗記できるか?どうか?

それによって、テストの点数が決まってきます。

 

ですが、英語学習において、もっとも大事なのは、

全体の中での単語同士の関係性です。

この関係性に気づかず、単なるパターン練習だけに終わっているからこそ、

私たち日本人は英語が苦手なのです。

 

見えてくるまで待つ

  • 絵を描くこと
  • 英語を本当に学習すること

どちらにも、必要なのは、忍耐力です。

 

正直、パッと見た限りでは、何も見えてはきません。

特に、今のように情報社会の中では、スピードこそ命。

だからこそ、ゆっくり時間をかけることは、誰もが苦手です。

しかも、何も見えてこない間、私たちは、いつも、不安になります。

だからこそ、パッパッと答えを出したくなる。

 

でも。

それを止めない限り、私たちは絵も英語学習も、ともに伸び悩むのです。

 

まとめ

絵を描くことは、絵を描く以上のものがある。

そう、コリタ・ケントは言っていましたが、(勝手な私の意訳です)

本当にそうだと思います。

 

事実、写実的な絵が描けるようになるということよりも、

今まで自分には見えなかったものが見えるようになる!

というのは、

英語学習だけでなく、何事においても、楽しいことです。

なぜなら、新しいものの見方が手に入れば、

それだけ、自分の可能性は大きく広がっていくからです。

 

-英語島で一休み
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.