児童英語インストラクター

オンラインレッスンは難しい!そう思ったなら?

ずっと対面のレッスンが当たり前だった先生と生徒達。

それが、突如として、オンラインレッスンをやらねばならない状況に追い込まれました。

だからこそ、「あぁ、オンラインレッスンって難しいなぁ。」

そんな感想を持っている方は多いと思います。

だから、6月からは、学校も始まるし、やっと元通り。

ちょっと、嬉しいですよね?

 

でも、手放しで喜んでいるわけにはいきません。

対面レッスンが再開するからこそ、今のうちに、オンラインの難しさを克服しておきましょう。

 

 

皆、違って当たり前

オンラインレッスンの場合は、

先生にしろ、生徒にしろ、

ネット環境やら、使っているデバイスやら、皆、それぞれです。

だから、通信がうまくいかないことも多々あるんです。

レッスンというのは、伝わってなんぼの世界。

だから、ついつい、「難しい」と言いたくなる気持ちはわかります。

 

でも。

そういうのも全部、ひっくるめてオンラインレッスンなんです。

「みんなちがって、みんないい」

それぐらいの気持ちで、どっしり構えておきましょう。

 

とにかく、参加させよう

対面であろうがオンラインレッスンであろうが、

何より、大事なのは、生徒に参加させることです。

 

確かに、教室内では、生徒がボソボソとした声で話しても、コミュニケーションは取れます。

日本人は、空気を読める民族ですから。

でも、オンラインではそういうわけにはいきません。

  • たとえ、映像があっても、
  • たとえ、声が聞こえても、

オンラインは、対面よりも、はるかに伝わりにくいんです。

多分、同じ「場」「空間」にいないからでしょうね。

 

でも、だからと言って、生徒に対して

  • もっと、積極的に話せ。
  • もっと、表情を豊かにしろ。

なんて指示はできません。

そんなの、ほぼ、拷問だと思うし。

 

そこで、オンラインならではの機能を使いまくりましょう。

私が使っているのは、zoomですが、

  • いいねマークが出たり、
  • チャットができたりしますので、

毎回、活用させてもらっています。

生徒を参加させるためには、やっぱり双方向のコミュニケーションが大事です。

だから使えるツールは使い倒しましょう。

それに、こういうツールは、生徒達にとって、いい息抜きになります。

 

オンラインには、アナログが活躍する

それと、もう一つ。

オンラインレッスンは、先生も動き回れないので、

必要なものは、すべて、準備しておく必要があります。

教室内では、思い立った時に、ホワイトボードに書いて・・・

なんてことができましたが、

オンラインではそれもできません。

 

注意

zoomには、共通のホワイトボード機能がありますが、最初にお話ししたように、先生や生徒達のネット環境はそれぞれ違います。

そのため、表示に余計な時間がかかってしまい、かえって、生徒たちの集中力をそぐ結果になってしまいます。

 

そこで、おすすめなのが、スケッチブックです。

レッスンの流れに沿って、必要事項をすべてスケッチブックに書いておくのです。

これなら、スケッチブックをめくるだけで、レッスンがスイスイ進められ、

余分なタイムラグが生じません。

 

オンラインレッスンは難しい?

 

まとめ

オンラインレッスンは、先生も生徒も、まだスタートしたばかり。

だから、お互いに手探りの部分はあるのは、当たり前のこと。

 

でも、

  • 難しいから止めてしまう。
  • 難しいから「ダメだ」と決めつけてしまう。

のは、先生としては、良くないんじゃないかと思います。

どんなに難しくても、

こうした変化が訪れたのなら、

頑張って、チャレンジしていこう!

そういう姿勢を見せるのも、先生の役目だと思います。

それに、こういうものは「習うより慣れよ」ですしね。

-児童英語インストラクター
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.