中学生 児童英語インストラクター

中1英語の基本 その2

前回、学校では教えてくれない中1英語の基本として、

整理整頓の方法をお話ししました。

今回は、その続きとなります。

 

 

中1英語の基本 ステップ2

前回のステップ1のプリントに続くプリントがこちら。

 

中1英語の基本ステップ2

ステップ1と重複している部分がありますので、

そこを重ねて、下につなげてください。

 

ステップ1
中1英文法の整理整頓
学校では教えてくれない中学1年生の英語の基本とは?

学校では教えてくれないホニャホニャは、山ほどありますが、 英語においても、同じです。   特に中学1年生は、 英語を、テストや成績のために、手っ取り早く丸暗記しがちです。 でも、その方法だと ...

続きを見る

 

実際のレッスン方法は?

ただし、上記のプリントは、あくまでも先生の頭の中にあれば良いことです。

実際、私は、この2枚目のプリントは、生徒に渡しませんでした。

生徒には、白紙を渡して、矢印を書かせ、

あとは、自分なりにまとめてもらうようにしたからです。

こうすることで、

今まで学校で習ってきた、

  • be動詞
  • 一般動詞の3単以外

が、どこまで?整理できているか?

先生も、生徒自身も確認できます。

 

また、3単の部分は動詞の変化と疑問文に関しては説明しますが、

否定文に関しては、自分で考えてもらうようにしました。

注意ポイント

先生にしてみれば、3単も3単以外も、作り方は同じなのだから簡単だ!と思いますよね?

でも、現実には、この応用ができない中学1年生は多いんです。

自分と生徒では、知識も経験も年齢も大きく違うのだ!ということを忘れちゃいけません。

 

気づかせたいのは?

先のようなプリントを印刷し、生徒に配って説明すれば、時間的には短縮できます。

でも、

敢えて、白紙に書かせることで、

  • 英語は、丸暗記科目ではないこと
  • ルールを応用していけば、思っているよりも簡単になること

この2つに気づいてもらうようにしています。

 

何故なら、

この気づきがあるか?ないか?によって、

今後の英語学習に、大きな差が生まれてくるからです。

 

まとめ

学力を伸ばしたい。

中学生なら、誰もが思うことです。

でも、大事なのは、テストの点数を伸ばすことではありません。

所詮、テストの点数というのは結果です。

だから、

何より注視すべきは、普段の学び方の方にあります。

でも、子供たちに責任はありません。

 

そもそも。

学校英語の進み方自体、変なんですよね。

なんででしょうね?

たとえば、絵を描く時も、いきなり細かい描写はしません。

まず、大雑把にラフを描いて、あたりをつけてから、細かな描写に移るはず。

特に、初心者なら、なおさらです。

 

英語学習は絵を描くのに似ている

 

なのに、学校英語は、細かな描写ばかり教えようとします。

  • 今日は、手を描いてみましょう。
  • 今日は、目です。
  • そして、明日は、足を描きますよ。

そんな感じ。

 

これで、ちゃんとした人間が描けるんでしょうか?

いや、描けませんね。

デッサン狂いの絵ばかり、はびこります。

-中学生, 児童英語インストラクター
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.