中学生

中学生の英語の点数をアップするには?

2018年3月10日

中学生の英語の点数をアップするには、

まず、どこに原因があるのか?

それを、探る必要があります。

 

一般的には、

アルファベット→単語→文法→長文

の順番にチェックしていくのが、セオリーです。

 

が、問題は、そう単純ではないんです。

 

 

中学生は難しい年頃

なぜなら、

中学生は、なかなか難しい年頃だからです。

 

中学生にもなれば、

自分の状況はよくわかっています。

やらなきゃいけない。

このまま勉強しなければ、まずいことになる。

それは、漠然と、肌で感じているんです。

 

でも、だからと言って、

冷静に、理性的に、

原因を探りながら、勉強し続けることはできないのが、

中学生なんですね。

 

どうすれば、乗り切れるのか?

では、どうすれば、

その状況を乗り切ることができるのか?

 

ただ、頭ごなしに

「勉強しなさい」と圧力をかければ、

感情的にこじれることもあるでしょう。

 

そこで、

おすすめなのが、

彼らに「できる体験」をさせる方法です。

 

できないことが、できた!

中学生に限らず人間は、

できなかったことが、できた!時に、

気持ちも結果も大きく変わります。

 

できなかったことが、できた時と言うのは、

うれしくて、ハッピーなのはもちろんですが、

それが、自信から自主性へと発展していくからこそ、

大きな結果へとつながるのです。

 

絶対できる!

絶対できる!

 

その方法は?

でも、一体どうやって、それを中学生に体験させるのか?

実は、

英語においては、とても簡単な方法があります。

 

それが、教科書の暗記です。

 

もしかして、今、

「できない~!絶対、無理!」

そう思いました?

でも、そこが、ミソなんです。

 

おそらく、ほとんどの中学生が(親御さんも)

教科書の暗記なんて、できない

そう思っています。

 

だからこそ、この方法は簡単なのに、

非常に効果が高いんです。

 

注意すべき点

ただし、

一つだけ、注意して欲しいことがあります。

それは、

必ず、タイミングを見極めて欲しいのです。

 

実際、教科書の暗記は、

いつでも、どこでも、やらせれば良い。

というものではありません。

 

最初のセオリーで言えば、

教科書の暗記を始める時には、

  • アルファベットは100%
  • 単語は80%以上
  • 文法は60%以上の理解が必要です。

※これ以前ならば、教科書の暗記ではなく、別の方法にします。

 

まとめ

中学生の英語の点数をアップするには、

いろんな方法があると思います。

 

ですが、

 

自主性さえ育むことができれば、

英語だけでなく、

すべての学習において、いい結果をもたらすはず。

 

ポイントは、

絶対にできない!

と思っていることができた!

そこだけなんです。

 

タイミングに注意して、

ぜひ、試してみて欲しいと思います。

 

-中学生
-,

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.