大人の英語学習

英語学習の本質って何だ?

2019年6月2日

英語学習を続けてきて、

ついでに、挫折もしたおかげで、

英語学習の本質が、少し見えてきた気がします。

 

きょうは、そんなお話しをしたいと思います。

 

 

そもそも、本質って何?

まずは、日本語の意味から。

 

私達は、わりと簡単に「本質」って言葉を使っていますが、

そもそもの意味は、

物事の根本的な(大事な)性質、要素

ということです。

 

つまり。

「英語学習の本質」とは、英語学習のための必要な要素

と言い換えることができます。

 

英語学習の本質って何だ?

 

必要な要素は、人によって違う

ただし、

英語学習のために必要な要素というのは、

英語学習の先に何を見ているか?

によって、多少の差が出てきます。

 

たとえば、

TOEICなどの試験で高得点を目指したいAさんの場合。

必要な要素は、文法や単語、あるいは、インプットの量etc.でしょうし、

英語でコミュニケーションを取りたいBさんの場合。

必要な要素は、音やリズム、あるいは、アウトプットの量etc.かもしれません。

 

Aゴトウの目的は?

つまり、

英語学習の本質に触れる前に、

まずは、何を?英語学習の先に見ているか?

ここを、明確にしないと話になりません。

 

ちなみに、

私自身は、今のところ、

  • この先、海外に住む予定はない
  • この先、海外で事業展開する予定もない
  • 今のところ、親しい友人、親戚、近所は皆、日本人
  • 英語の記事や本を読みたい
  • 海外ドラマが好き

という、状況です。

 

ということは?英語学習の先にあるのは、

  • 英語を「読む」こと。
  • 英語を「聴く」こと。

この二つだけなんですね。

 

だから、もし、あなたが、

「え?そんなことないもん!!」

「英語話したい!」

「外国人の恋人欲しい!」etc.

と思うならば、この記事は読まなくても大丈夫です。

 

でも、

「そうそう!同じだ~!」

「私も、そう思ってた~!」

と共感できるならば、ぜひ、続きをどうぞ。

 

英語学習の先にあるのが、

  • 英語を「読む」こと。
  • 英語を「聴く」こと。

この二つだけならば、

英語学習に必要な要素は、下記の2つだけです。

  1. 英文の構造
  2. 単語力

 

では、もう少し、詳しくみていきましょう。

英文の構造

敢えて、英文法ではなく、英文の構造としました。

単語の配置、と言い換えることもできます。

 

イメージ的には、

構造、つまり、大きな枠組みで捉えてから、

学校で習ったような細かな文法を見ていく感じです。

 

Aゴトウ
学校で習った文法が理解できるなら、あとは、5文型構造をつかむだけです。

 

ココがおすすめ

下記のリーディングや5文型の記事を参考にしてみて下さい。

初心者のための英語リーディングのコツ

中学生で5文型はやっぱり無理なのか?

 

単語力

私の場合、

上記の構造は、理解できてるんです。

 

でも、単語に関しては、

毎日、思い知らされることばかりです。

 

特に、英語を「読む」・「聞く」時には、

正直、知ってるはずの単語も、

英文の中で見ると(聞くと)、

「あれ?確か、こういう意味なのに、どういうこと?」

と思うことが、非常に多いんです。

 

そのたびに、

あぁ、単語力にも実践力ってあるんだな・・・

とつくづく、思います。

Aゴトウ
たとえば、プログラミングでしょっちゅう出てくるのが、implementという英単語。日本語訳は、「実装する」なんですが、IT業界以外の人間には、ピンと来ない日本語です。

 

まとめ

英語学習の本質を知ることは、

自分にとって、英語学習に必要な要素とは何か?を知ること

に他なりません。

 

そして、英語学習に必要な要素は、

その人が、何を英語学習の先に見ているか?で決まります。

 

ですから、効率の良い英語学習というのは、

簡単に短期間でスキルを得ること!ではないんですね。

 

だって、不要なものを、いくら手に入れても、

それは、詰め込んだ冷蔵庫の中身と同じです。

Aゴトウ
いずれは、腐って、捨てられます。

 

そうじゃなく、

自分が本当に欲しいものを、きちんと知り

手に入れる努力をすること。

これが、一番、効率の良い英語学習だし、

英語学習の本質を見極めた結果と言えるのではないでしょうか。

-大人の英語学習
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.