英語学習法

英語学習の伸び悩みを解決するには?

2020年8月15日

英語学習者はレベルに関係なく、伸び悩むものです。

実際、こうした伸び悩みから英語学習をあきらめる人も少なくないので、

今日は、その解決法をお話ししたいと思います。

 

 

同じ英語学習をしない

ある程度のところまでは、サクサク進んだのに、

最近は、英語、全然、伸びていかないなぁ・・・

そんな嬉しくない実感って、誰もが経験あるはずです。

 

確かに、英語学習にそういう時期はつきものですが、

なんとか、その壁を超えたい!

そう思うなら、まずは伸び悩みの原因を突き止めることが大切です。

 

そもそも、英語学習って、ある意味、習慣化しています。

そのため、AレベルからBレベルへ上がっても、

その人なりのやり方って、なかなか変わらないんですね。

でも、AレベルがBレベルになった時点で、

その人自身、絶対に何かが?どこかが?変わっているはずなんです。

なのに、その変化を確認もせず、ひたすら今までと同じように頑張る。

これでは、どこかでピントがずれている可能性がありますよね?

ピントがすれていれば、

当然、頑張っている割には・・・なんてことになります。

 

つまり。

英語学習は、自分が足りない部分を補う。

そういう感覚で進めていくのが、一番手っ取り早いんです。

 

自分がダメな部分を見つける

というわけで、早速、具体的な方法へ進みましょう。

自分がダメな部分を見つけるには、

英語のテスト問題集を上手に利用しましょう。

 

私がおススメするのは、こちらです。

英語学習の伸び悩みを解決する

 

ポイント

TOEIC Bridgeは、語彙力にしろ、文法にしろ、英語力の基本になるものなので、以前の形式の問題集を選んでいます。

また、TOEICに関して、Listening&Readingを敢えて選んでいるのは、英語力はやはり、inputが8割だと思うからです。

 

また、それぞれの問題集のレベルについても念のため書いておきます。

こんな方におすすめ

  • 初級~中級レベル
  • 基本の日常的な英語力を身に着けたい方向け(ただし、リスニングはゆっくりめです)

おススメなのは、TOEIC Bridge 公式 ワークブック

 

こんな方におすすめ

  • 中級以上
  • いろんなトピックスについていける英語力を身に着けたい方向け

おススメは、公式TOEIC Listening &Reading問題集

 

ちなみに。

TOEICの試験そのものは、受けても受けなくても、どちらでも構いません。

公式のワークブックや問題集を準備するのは、あくまでも、英語学習の伸び悩みを解決するためです。

 

やり方はとっても簡単です。

問題集をとりあえず、解きます。

その後、答え合わせだけでなく、解答・解説をきっちり見て下さい。

完璧にできたものは、スルーして良いですが、

ちょっと?だったもの、わからなかった問題に関しては、解説をきちんと読みます。

ただし!

解説を読む目的は、通常の英語学習とは異なりますので注意してください。

 

具体的なやり方

わかりやすいように、画像を用意しました。

TOEICのリスニング問題の解説ページです。

自分の欠点を見つける

リスニング練習では、確認のため、英文を見ながら再度CDを聞くことは、誰もがやっているはずです。

ただ、この時、

  • 何故?聞き取れなかったのか?理由を考える
  • 間違えた理由を考える

この2つも必ず、行ってください。

 

たとえば、

1、単語が聞き取れなかった理由は?

  • 知らない単語だった→単語力アップを図る
  • 知っている単語だった→音を覚える

2、意味はつかめたのに、答えを間違えた理由は?

  • 単なる聞き間違い→リスニング力アップを図る
  • その他→原因を探る

特に、最後の部分は、TOEIC特有です。

実際、TOEICは、結構、ひっかけ問題が多いんですよね。

その主な原因は、

  • 自分の先入観
  • 何かを見落としている

ことがほとんどです。

英語脳と日本語脳の差かもしれませんが、

とにかく!

こういうことも、正答が決まっているテスト問題集ならでは!確認できることです。

また、

英語を超えて、仕事やビジネスのスキルアップにもつながりますね。

 

英語学習の伸び悩みを解決する

こちらはリーディング問題です。やり方はリスニング問題と同様です。

 

あとは、集中してやるだけ

このように、自分の弱い部分を見つけて、書き出していくと、

おのずと、自分がやらねばならないことが、見えてきます。

あとは、そこを学習するだけですね。

あれもこれも!手を出せば、どれも中途半端になってしまいます。

まずは、自分が今、一番、弱い部分だけに集中しましょう。

 

注意ポイント

ただし、上記の問題集はあくまでも、TOEICテストのために作られたものです。

だから、自分が目指している英語力とのすり合わせは、ぜひ、行ってください。

たとえば、穴埋め問題などは、文法解釈的な部分も多く、もし、今、自分が求めていないスキルならば、とりあえずスルーしても良いと思います。

 

まとめ

人と言うのは、自分に甘いものです。

だから、英語学習に関しても、

どうしても、自分がやりたいことに、流されていきます。

だから、時には、

自分をシビアに見つめて、今の自分の最優先課題は何なのか?

逃げずに、ちゃんと、自分で認める作業が必要です。

 

さらに言うなら、

伸び悩みに悩んでいる今こそ!シビアにやるべき時なんです。

 

おそらく、英語力に差がでる、たった一つの原因は、

今すぐ、行動できるか?どうか?だけなんじゃないでしょうか。

-英語学習法
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.