英語島で一休み

学校英語は使えない!とは言わない。でも、信じすぎないのがいい?

基本、学校で習う英語は、そんなに悪くはないと私は思うんです。

文法的に大事なことを、きちんと教えてくれるわけだから。

ただ。

きちんとの度合いが、過ぎたるは及ばざるがごとしって感じになりがちなんですよね。

だから、学校英語っていうのは、コアだけ抑えておけばいいと思うんですよ。

 

 

look forward to と looking forward toの違い?

実は先日、生徒が学校のテストを持ってきて、

looking forward toだと×になっちゃった。

でも、なんで?この場合は、look forward toじゃないといけないの?

と聞かれたんです。

 

へ?

は?

いや~。

正直、私にもわけがわかりませんでした。

 

でも、よ〜くテスト問題を見てみると、

学校の先生がある場所に、赤でアンダーラインを引いていることに気づきました。

そこから察するに、

その先生は、

「楽しみにしています」が、「looking forward to」

「楽しみです」が、「look forward to」だ!という区別をつけているらしい。

ということが、わかりました。

 

するとね。

生徒がこう言ったんです。

「です」の時は、look forward toで覚えればいいんだ!と。

 

う〜ん。

そりゃ、そうなっちゃうか〜。

 

となると、やっぱり、学校英語はまずいです。

そもそも、英語:日本語を1:1で教えてはいけないと思うんですよね~。

だって、英語圏の人と日本人では、考え方も文化も習慣も差があるんですから。

 

ちなみに、look forward toとlooking forward toの違いを調べてみたら、

lookがフォーマル、lookingがカジュアルなんだそうですよ。

でもま、それも、学校英語と同じで、信じすぎないのがいいと思いますけどね。

 

ニュアンスの違いは、使ってこそ

上記の話は、ネイティブっぽい人の話なので、鵜呑みにしても良さそうですが、

それでも、私は、信じすぎないように!って言いたいですね。

 

何故か?

それはね。

基本、英語は言葉だからです。

 

ちょっと英語学習からは外れるかもしれませんが、

言葉というのは、使う人によって大きく変わる。

ここを大前提にしておかないといけないんですよ。

 

これは、英語に限らず、日本語だって同じです。

  • 地域性みたいなものもあるし、
  • お互いの関係性によっても変わってくるんです。

結局ね。

言葉って、四角四面に答えを丸暗記してはいけないと思うんです。

知識を蓄えることは大事だけれど、

そこに頼りすぎないことが大事なんじゃないかな?

 

look forward toで大事なこと

じゃあ、結局、look(ing) forward toはどうすればいいのか?

  1. 楽しみに待ってるという意味を理解する
  2. look(ing) forward toの後ろは、必ず名詞(動詞ならing形)にする

この2つさえ、押さえておけばOKです。

結局、コアはここですから。

 

楽しみに待つ英語

They are looking forward to the present.

 

で、lookにするか?

lookingにするか?は、

現実世界で、徐々に、体得していけばいいんじゃないか・・・と。

 

まとめ

今回は、look forward toの話で終わりましたが、

こういうことって、しょっちゅう起きてます。

正直、学校英語は、基本は悪くないのに、

テストの問題がすごく強引なんですよね。

 

その強引さに、引っ張られてしまうのではなく、

強引さはわかっているけど、一応、テストの時だけは、しゃーない、言う事聞いてやる。

そういう中学生が、増えてきて欲しいと私は思います。(笑)

-英語島で一休み
-

Copyright© 英 語 島 , 2022 All Rights Reserved.