中学生 教え方

中学生にも英語のアクティビティを!アイディアは無限?

本日は、クリスマスイブです!

中学生にもなれば、クリスマスパーティなんてこともやってられないので、

ちょっぴり、クリスマスっぽいことをしたいと思っています。

 

レッスン時間をほんの少しだけ使う

小学生の場合には、レッスンのすべてをクリスマス授業にしてもいいのですが、

中学生の場合には、レッスン時間の一部だけ使う程度で良いと思います。

 

ある意味、気分転換みたいな感じですね。

それに、最近、めちゃくちゃ思うのですが、

やっぱり、中学生ってね、いろんな実体験がある方が、絶対に!学習にも役立つんです。

 

実際、お手伝いをする子の方が、成績が良い!という統計もあるぐらいなので、

勉強って、やっぱり、いろんなところでつながっているんだな・・・と思います。

 

英語のアクティビティを探す必要はない

ただ、どんなアクティビティをやればいいのか?

実は、私、必死になって英語のアクティビティを探す必要はないな・・・

と、最近、思うようになりました。

 

たとえば。

今日、私が準備しているのは、「松ぼっくりのツリー作り」です。

だって、クリスマスだし。

 

英語のアクティビティ 中学生

試しに、前もって、やってみた・・・

 

ちなみに、松ぼっくりは拾ってきてあるので、

  1. それを、銀色にスプレー塗装して、
  2. ポンポンで飾りつけ、
  3. ペットボトルのキャップの上に乗せるだけ

という、非常に簡単なものです。

 

簡単なので、多分、たいして時間はかかりません。

もちろん、火気のない屋外で、スプレー塗装は行いますが、

ほんとに、あっと言う間に、松ぼっくりがギンギンになるので、

すっごく楽しいんですよ。

 

もちろん、これで終わったら、単なるリクリエーションになっちゃいますが、

(私自身は、それでもいいとは思ってるんですが。だって、必ずどこかでつながるから)

ここから、

  • 松ぼっくりの英語は何?
  • 松ぼっくりって英語を知らなかったら、どう英語で説明する?

などなど、

どんどん英語学習へ引っ張って行ってしまえばいいわけです。

 

このあたりが、小学生とは違う、中学生ならではの醍醐味です。

 

まとめ

正直な話、

小学生の時は、頑張って英語のアクティビティをやってきたのに、

中学生になると、途端に、「アクティビティはもう、やらなくていいっか!」

という気持ちになってませんか?

 

インストラクター自身、ついつい、学校のテストの点数とか気にするようになって、

時間が足りない!って余裕がなくなってたりしません?(笑)

 

でも、もし、あなたの塾が進学塾じゃないのなら、

そういうことは、一旦、横に置いてみてもいいんじゃないかな?と思います。

 

私は、むしろ、中学生にこそ、アクティビティは必要なんじゃないか?と感じています。

それは、単に、warm-pu的に、生徒を集中させるためとか、そんなんじゃなくて。

 

多分、中学生にとっては、英語って、

  • 考える価値のない教科
  • リアリティに欠ける教科

ナンバー1なんですよ。

 

それを、どう突き崩していくか?なんです。

-中学生, 教え方
-,

Copyright© 英 語 島 , 2022 All Rights Reserved.