英語学習法

効果的なヒアリングの英語教材の選び方。ポイントは3つ。

2018年6月10日

タイトルは、効果的なヒアリングの英語教材の選び方、

となっていますが、正しくは、ヒアリングではなく、リスニングです。

どっちでもいいよ。

と言わないで下さいね。

なぜなら、英語の聞く力を伸ばすためには、

ヒアリングではなく、リスニングでないと効果が出ないからです。

敢えて、ヒアリングと言う言葉を使ったのは、年代が上の方にとっては、ヒアリングの方がピンと来るからです。

 

ですから、教材を選ぶ時には、まずは、そこをちゃんと確認しなければなりません。

  • ヒアリング的な学び方をする教材なのか?
  • リスニング的な学び方をする教材なのか?

じゃないと、お金と時間を無駄にすることになるかもしれません。

 

 

なぜ?リスニングじゃないとダメなのか?

昔、超!有名な英会話学校のキャッチコピーが

「英語のシャワーを浴びる」でした。

そのキャッチコピーに、まんまとひっかかったのが、私です。

とにかく「ひたすら英語に触れる」レッスンでしたが、

正直言うと、大した効果はありませんでした。(楽しかったけど)

 

つまり、この英語のシャワー=ヒアリングです。

どんどん蛇口からあふれ出てくる英語。

それをどんどん体に受けるだけ。

体に当たった英語は、すぐに排水口へ流れ込む。

息をつく間もなく、次の英語が蛇口からあふれ出てくる。

 

こういう状況は、まさに、hearという単語がピッタリです。

hearとは、意識せずとも、音が聞こえてくる。

そういう意味合いの単語ですからね。

 

でも、listenは違います。

無意識ではなく、意識的に耳を傾けて聴くことなのです。

もちろん、歌のように何度も聞いている間に自然と覚えるタイプの英語がないわけじゃありません。

でも、英語の聞く力を鍛えたい!のであれば、意識を向けないことには話になりません。

 

効果的なヒアリング英語教材

シャワーは何本あっても同じ・・・

 

リスニング教材の選び方

意識の差はあっても、英語を聞くという意味では、

ヒアリング教材もリスニング教材も同じです。

また、英語を聞くだけなら、今は、ネット時代です。

いろんなものが利用できます。

でも、効果的に学ぶために、下記の点には注意しておきましょう。

 

スクリプトは必須

英語を意識して聴いていても、聞きっぱなしでは意味がありません。

やはり、聴く以上は「スクリプト」は必須です。

 

単語だけの時とは違い、文章になるとほとんど聞こえない音やつながってしまう単語もあります。

こういうものをきちんと確認し、体で覚えていくことが大切です。

実際、それらを、スクリプトなしで学ぶことは、ほとんど不可能に近いと言っていいでしょう。

 

圧力がかかるものを

聴く力を伸ばすためには、継続することが何より大切です。

そのためには、ぜひ、圧力がかかるものを選びましょう。

たとえば、

  • 無茶苦茶、自分が好きなもの
  • 自分の仕事や生活に関連してくるもの
  • 教材がそれなりの値段するもの

などは、自分に圧力がかかりやすいですね。

 

私の知り合いに、三味線を初めて習う際、

初心者用ではなく、最初から100万もする三味線を購入した方がいます。

その人曰く、

「安い物を買うと、すぐ止めてしまうから」

ということでしたが、その圧力はちゃんと機能しました。

結果的に、その人は、あの御園座で五木ひろしのコンサートに出演するほど上達しました。

 

自分のレベルはどう考える?

リスニング教材は、自分のレベルに合ったものを選びましょう。

と良く言われますが、

正直言うと、

自分のレベルなんて、正確にわかるものじゃありません。

 

ですから、そこは!

教材が謳っている目安を信じて、取り組みましょう。

明確に英検の級やTOEICの点数レベルが示してあると有難いですが、

そうじゃない教材の場合。

  • 初級用にすべきか?
  • 中級用にすべきか?

は迷うところだと思います。

その判断は、

  • 単語レベル
  • 英語の5文型が理解できているか?

この二つから行いましょう。

 

●単語レベル

3000語~6000語なら、中級用を選びましょう。

自分のレベルに合わせると言っても、楽勝すぎるレベルだと勉強になりません。

 

●英語の5文型(文法)

英語の5文型がきちんと理解できていれば、長い文もうわ~っと思うことなく読めますよね?それなら、中級を選んで大丈夫です。

 

おすすめのリスニング教材

せっかくなので、

  1. スクリプトがある
  2. 圧力がかかる
  3. 自分のレベルに合っている

この3つを満たしている教材を少しご紹介しておきます。

 

英語勉強したい意欲型向け

edx

教材ではありませんが、オンラインで、いろんな海外の大学の講義が無料から受けられます。

ビジネス、プログラミング、心理学、英文法、料理のサイエンス、教育などなど、

自分が学びたいものをいくらでも、受講することができるのが魅力です。

実際、講義の英語はわかりやすいですし、その分野特有の難しい単語もすぐに覚えるでしょう。

ほとんどの講義がyou tubeを利用していますので、CCをオンにすれば、スクリプトを見ることができます。

 

動画好きで、自分にストイックな人向け

voa learning English

動画を見ながら、英会話を学ぶ無料のサイトです。

たくさんの動画があり、ちゃんとスクリプトが掲載されていますので、自分のレベルを確認しながら進めていけます。

voaのサイトの中には、この

  • voa learning English

の他に

  • voa news

もあります。

こちらは、世界のいろんなニュースを見ることができます。

ただし、ちゃんとしたスクリプトはありませんので、字幕をオンにするしかありません。

※字幕がないものもあります。

 

問題は、ちょっと、圧力が足りないところです。

せっかくの良いサイトも使わなければ、一文の得にもなりません。

 

いろいろ探してる余裕がない人向け

ヒアリングマラソン

ヒアリングマラソンという名前になっていますが、れっきとしたリスニング教材です。

何故?ヒアリングマラソンという名前なのか?

すっごい昔から存在している教材だからかな~?と私は想像しています。

※昔はリスニングのことを、ヒアリングと言っていました。

時代を超えるものは、本物の証です。

コンテンツも豊富ですし、

  • 毎月、送られてくる
  • 有料である

ということが、圧力になってくれます。

 

確かに、豊富なコンテンツがそろっているedxやvoaは魅力ですが、

  • どの講義を選ぶか?
  • どの動画を選ぶか?

選択していると、どうにも時間がかかります。

※ネットサーフィンがどれだけ時間を浪費するか、ご存知でしょう?

実際、ヒアリングマラソンの場合は、その手間がいりません。

しかも、どうやって学習するのが効果的なのか?

その方法もテキスト化されており、至れり尽くせりです。


まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

多くの人が、いきなり、効果的なヒアリングの英語教材を選ぼうとします。

でも、まずは、効果が出るヒアリング教材とはどんなものなのか?

ここを押さえたで、具体的な英語教材を選ぶようにしましょう。

 

そうじゃないと、

あっちの教材、こっちのサイトと飛び回るだけで、

無駄に時間を使うことにもなりかねません。

-英語学習法
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.