英語学習法

英語の伸び悩みを解消する!英語を上達させる秘訣は?

2018年6月2日

どうすれば、英語は上達するのか?

この悩みは子供英語も大人英語も同じ。

迷うからこそ、多くの人が、

いろんな教材を買ってみたり、英語教室を変えてみたりします。

 

でも、悲しいかな。

教材を変えても、

教室を変えても、

気分が変わるだけで、

期待したほどの効果が実感できないことも多いでしょう。

 

でも、心配する必要はありません。

大人でも子供でも英語を上達させる秘訣があるのです。

 

 

英語を上達させる秘訣とは?

英語を上達させる秘訣とは、一言で言えば、

自分のレベルに合った学び方をする

これだけです。

 

な~んだ!

そう思われたかもしれませんが、

何より、重要なのは、そのレベルの選定です。

実際、英語のレベルと言うと、

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

という分け方が、すぐに思いつきます。

でも、この分類の仕方は、

一生懸命努力しているのに、ちっとも上達しない。

そう言う人を量産してしまうのです。

 

挫折したのに、蘇った!

私は、今でこそ、英語を教える立場にいますが、

実は、若い頃、

「あまりに自分の英語が上達しない」ことにイライラし、

英語そのものを投げ出してしまったことがあります。

 

そのブランクは、10年以上にも及びました。

ところが、ある日のこと、

たまたま、偶然にも、

自分のレベルに合った英語の学び方に目が行ったとたん!

暗かった視界が、スゥ~っと開ける感覚を味わったのです。

 

大事なのは、レベルを捉えなおすこと

挫折して投げた英語の道が、突然、開けた。

これは、非常に大きな喜びでした。

 

それと同時に、

長い間、自分のレベルを捉え違えていたこと。

そして、

そのレベルを捉え直せば、効果は絶大である。

ということも、わかったのです。

 

まずは、レベルを選定しよう

そこで、まずは、レベルの選定をしていきたいのですが、

こちらの本を参考にすると、わかりやすいと思います。

 

 

この本では、レベルを下記の4つに分けています。

1、概念・・・知っているがやったことはない。

2、具体・・・やったことがある。基本はできるが、学んだ範囲しかできない。

3、体系・・・基礎、技術は習得済みで、自分で応用できる。

4、本質・・・新たな理論を編み出したり、助言やアドバイスができる。

 

どうでしょう?

これなら、

自分の英語力がこの4つのレベルのどこに位置しているのか?

簡単にわかりますよね?

 

レベルに合った学習をしよう

レベルの選定ができたら、学習を始めます。

レベル別の英語学習のポイントは以下の通り。

 

1、概念

このレベルは、英語を習ったことがないというレベルです。

中学1年生になって、初めて英語の授業を受けた時のことをイメージすると良いと思います。

実際、中学1年生は、1年間かけて、「英語」を少しずつ消化できるようになっていきます。

ですから、よほどの英語嫌いでもない限り、大人で、このレベルの人は、あまりいないはずです。

 

2、具体

このレベルのポイントは、学んだ範囲しかできないという点です。

英語では、多くの人が、このレベルで足踏みしています。

 

実際、

3単現のsも、分詞構文も、

習う時期は違っても、やっているレベルは同じだ。

ということに、気づくことが大切です。

 

特に、大人が英語を学び直す場合は、

上記のような英文法は、ザクッと記憶を呼び覚ます程度にしておきましょう。

 

中学生の場合は、2年生が、ちょうど、この時期に当たります。

1年生で、ようやく「消化」できるようになった「英語」ですが、その範囲はまだまだ限られています。

その範囲を、一つずつ広げていくのが、中学2年生です。

 

3、体系

基礎、技術が習得済みということは、英文法は大体わかるレベルです。

もし、万が一、何かの英文法を忘れていたとしても、文法書を読めば、

「あぁ、そうだった」

と即座に理解できるレベルならOKです。

 

その上で、英文を俯瞰する練習をします。

「2の具体」では、三単現のsや、過去形だからdidを使うというような、細かな部分ばかりをチェックしてきたはず。

でも、このレベルでは、

英文そのものの構造や仕組みを見る目を養います。

 

具体的には、

再度、5文型を学び直し、それを英文にあてはめていく。

これだけで、OKです。

 

ちなみに、この学び方は、中学3年生から可能です。

 

4、本質

最後は、英語を教えることができるレベルです。

とは言っても、最初から完璧である必要はありません。

どんな学習であっても、インプットしたら、どんどんアウトプットしていく。

これが、上達の秘訣ですから、自分がわかることは、どんどん人に教えていくことです。

昔から、人に教えるのが、一番、良い勉強になる!と言われますが、これは、まさに真実です。

どんな形でも構いません。

  • たとえば、わが子に教える。(教えられる、になっても良い)
  • ブログやSNSで発信するなどなど

できることから、始めてみましょう。

英語を上達させるレッスン

 

まとめ

以上が、英語を上達させる秘訣になります。

 

そして、多分ですが、

この記事を読んでいる多くの人が、

2番ではなく、3番以上のレベルを学ぶところに来ていると思います。

 

ところが、学校英語に慣れている私たちは、

どうしても、2番に時間をかけようとします。

  • まだ、足りない。
  • まだ、自信がない。
  • まだ、完璧じゃない。

そう、思っちゃうんですね。

でも、それが、かえって、英語力の伸び悩みを生んでいます。

 

ぜひ、もう一度、自分のレベルを選定しなおして、

自分に合った英語学習を行ってくださいね。

-英語学習法
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.