英語学習法

中学英語をやり直したい大人のための本は?選び方は?

中学英語をやり直したい!という大人のための本って、どんなものなのでしょうか?

ちなみに、自分にとってベストな本を選ぼうして、いろんな本のレビューを読みまくってしまうと、最終的には、どれがどれだか?わけがわからなくなり、何も選べずじまい・・・なんてことにもなりかねません。

そこで、おススメしたいのが、最初からベストな本を見つけようとするのではなく、まずは、中学英語をやり直したい大人が、選んじゃいけない本を消去した上で、自分に合った本を見つけるやり方です。

それでは、早速。

 

大人が選んじゃいけない本は?

まずは、大人が選んじゃいけない本を確認しておきます。

当たり前ですが、大人は、中学生とは

  • 実際の年齢はもちろん
  • 精神年齢や思考力
  • 人生の状況etc.

が、まったく違いますので、中学生向けの本や参考書は、とりあえず無視してしまいましょう。

なぜなら、中学生の場合は、

  • 学校や親と言う「大きな枷(かせ)」がある
  • 勉強するのが仕事である

だけでなく、

シンプルに英語学習のゴール=高校受験対策なので、本自体、そのつもりで作ってあるからです。

 

一方、大人の場合は、

  • すんごく必要に迫られているわけではない
  • 仕事の合間に勉強をしなければならない

人も多いですし、

英語学習のゴール自体、高校受験ではないので、中学生向けの本や参考書では、

  • なんか、面白くない
  • あぁ、めんどくさ・・・

と、モチベーションが急激にしぼんでしまいます。

 

大人が選ぶべき本は?

次に、あなたが、選ぶべき本とはどういうものか?考えていきましょう。

まずは、あなた自身が、中学英語をやり直したいと思った、理由は何か?を明確にするところからです。

 

海外旅行のため

以前もお話したと思いますが、海外旅行のためならば、トラベル英会話の本がお勧めです。

一から、中学英語をやり直す必要はありません。

旅行先でのシーンに合った、会話文を聞いたり、読んだりできるものにしましょう。

 

わが子に英語を教えるため

わが子に英語を教えたい!場合は、子供の参考書をそのまま、利用しましょう。

敢えて、自分用に購入する必要はありません。

教えるのではなく、一緒に学ぶ姿勢の方が、子供にとっても良いと思います。

こちらの記事を参照してください

 

なんとなく、話せたらいいな。とか、教養のため

この場合は、目的が具体的じゃない上、必要にも迫られていない分、英語学習は右往左往しがちです。

他人の意見やレビューにも左右されやすくなり、フラフラしちゃうんですね。

もちろん、それでも、英語を学ぶ気になったことは、とても良いことです。

そこで、せっかくの、その気持ちをしぼませないために、一点だけ、守ってください。

それは、

自分が楽しいと感じる本を選ぶことです。

 

それを、確認するためには、

  • 必ず、本屋で立ち読みする
  • 必ず、アマゾンでなか見検索!を利用する

ようにしてください。

 

めんどくさくても、ぜひ、やってくださいね。

何故か?って、

これも、ずっと言っていますが、本を読むということは、著者との対話です。

だから、相性って、とても大事なんです。

 

もちろん、純粋に知的好奇心を満たすだけでも、それはそれは、楽しいことではあるのですが、合う合わないという感覚は、ぜひ、研ぎ澄ましておきましょう。

その方が良い結果につながりやすくなります。

だって、本から学ぶということは、本=あなたの先生になるんですから。

 

やり直し英語の本

イメージでわかる表現英単語(英文法もあります)私がダントツ最初に出会いたかった本です。

 

まとめ

今回は、中学英語をやり直したい大人の人のためには、どんな本が良いのか?

という視点でお話してみました。

中学英語をやりたいって思ってるんだから、大人であっても、中学生用の参考書や本でいいだろう?

という人もいるかもしれませんが、それは、とても乱暴な意見だと、私は思います。

 

なぜなら、大人の目的と中学生の目的は、大きく異なっているからです。

もちろん、大人が目指す英語であっても、中学英語が基本となるのだ!という意見には賛成です。

でも、だからと言って、日本の英語教育の弊害みたいなものを、大人になってまで、再度、浸透させる必要はないと思うのです。

 

こんなことを思うのは、私自身、toやforの違い、makeやletの違いなどは、なんとか感覚を身に着けたものの、getだけは、なかなかイメージが切り替えられないでいるからです。

鳥と同じで、人間も、一度、刷り込まれてしまうと、なかなか、それを払拭することができないものだなぁと、つくづく実感します。

だからこそ、大人の人には、学生時代のバイアスに縛られるような本は選んで欲しくない・・・と思います。

参考になれば、幸いです。

 

-英語学習法
-

Copyright© 英 語 島 , 2021 All Rights Reserved.